ハツリストという蛮族がいる

「ちょうな」で木をハツる、木を耕す日々

お問い合わせがあったのだけれど……

携帯が鳴る……出ると、

ケヤキの板を、丸ノミで彫って模様を付けて欲しいのですが、出来ますか?と、 聞かれ、それは職業が違うことをお伝えしたのだけれど、とりあえずハツリのサンプルが欲しいとのことで……。

 

でも、ケヤキの板って、サンプルっていっても、無いんだよなぁ、作らなきゃ。

とりあえず、柄の皮が取れてしまったチョウナは、手が痛むので、テニスのラケットに巻くテープを巻いてみました。

f:id:hatsurist:20170305122649j:image

テニスをしたことが無いので、なんだか怪しい巻き方になってしまったけど、

f:id:hatsurist:20170305122819j:image

YONEX仕様の柄が出来ました。

f:id:hatsurist:20170305122900j:image

ハツってみると、滑りにくいし、手にくる衝撃も弱まって、これは良さそう。

あまり耐久性は無さそうだけど、テープ一巻がラケット三本分の長さあるので、時々替えれば、まぁいいか、と。

 

ひとまず、この板を送ってみて、様子をみてみましょう。